GoBoyのビルド

GoBoyをWindows環境でビルドするのにやった作業を残しておく。

MinGW

WindowsでのビルドはMinGWが必要になる。MinGWを入れる代わりにMSYS2をscoopで入れた。

scoop install msys2

以降はmsys2.cmdでMSYS2環境内のシェルで作業する。

とりあえずアップデートをかける。

pacman -Syu

必要なパッケージをインストール。GoもMinGW64のものを使う。

pacman -Syu base-devel git mingw-w64-x86_64-toolchain mingw-w64-x86_64-go

環境変数の調整。mingw-w64-x86_64-goはデフォルトで変なGOROOTを参照しに行っちゃうので明示的に設定する。

echo 'export PATH=/mingw64/bin:$PATH' >> ~/.bashrc
echo 'export GOROOT=/mingw64/lib/go' >> ~/.bashrc

以上。あとはcloneしたGoBoyのディレクトリでgo build cmd/goboy/main.goをすればビルドできるはず。

WSLは挫折

最初はWSL内でやろうとした。

が、libgl1-mesa-devとか入れてもpkg-configの管理下に追加されず「Package gl was not found」が解消できなかった。


GoMinGW

404 Words

2021-02-07 09:22 +0000